ごあいさつ

富士白蓮社は、“創価学会員のため”の葬儀社です

皆様には、日頃より富士白蓮社に深いご理解と温かいご支援を賜り誠にありがとうございます。

富士白蓮社は、創価学会員の皆様に奉仕することを目的として、昭和44年4月に創立者の提案を受け、同年6月に設立されました。

そして、平成2年から葬儀改革の最前線として仏教の本義に基づく「友人葬・家族葬」を確立し、同志の皆様とともに社会に定着させてまいりました。これは弊社の最大の誇りです。

 

これからも「会員奉仕第一」で、安心と納得の葬儀を誠心誠意、つとめてまいります。

今後ともなお一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

シンボルマークに込めた「会員奉仕第一」の精神

画像:©富士白蓮社ロゴ
©富士白蓮社

三色の色は、創価学会の勝利と栄光と平和を表し、それぞれの形は友人葬に集われる会員の皆様のお姿と、誠実に出迎える社員・関係者の姿を表現しています。